精油のブレンド(組み合わせ)の方法

精油は1種類だけでも充分効果はあるのですが、組み合わせることで、さらに相乗効果がでたりします。 精油のブレンドの方法はあまり深く考えず、そのときの気分で決めればいいのですが、迷ったときは参考にしてみてくださいね。


アロマラベンダー
香りの系統で組み合わせる

精油は、香りの系統ではこのように分類されます。精油をブレンドする場合は、同じグループ同士か、隣どうしのグループの精油とのブレンドがあうとされています。

フローラル系

カモミール
ジャスミン・アブソリュート
ゼラニウム
ネロリ
ラベンダー
ローズオットー
矢印 エキゾチック系

イランイラン
サンダルウッド
パチュリ
矢印 矢印
柑橘系

オレンジ・スィート
グレープフルーツ
ベルガモット
メリッサ
レモン
レモングラス
樹脂系

ベンゾイン
フランキンセンス
ミルラ
矢印 矢印
ハーブ系

クラリセージ
スィート・マジョラム
ペパーミント
ローズマリー
スパイス系

ブラックペッパー

矢印 矢印
樹木系

サイプレス
ジュニパー
ティーツリー
ユーカリ


香りのノートでバランスを取る
「ノート」というのは、香りが持続する時間を表しています。香りの変化を3つにわけて表します。
「トップ」「ミドル」「ベース」の中から一つずつ選んで合わせると、調和のとれた芳香を長い時間楽しむことができます。

トップ 一番最初に漂ってくる鋭い香りで、揮発性が高く、香りはすぐに消えてしまいます。
気分を高揚させるのでリフレッシュしたいときに向いています。
オレンジ・グレープフルーツ・ティーツリー・ペパーミント・ベルガモット・ユーカリ・レモン・レモングラス
ミドル トップノートの後に漂ってくる香りで、ブレンドの中心部分を作り、香りを柔らかくします。
体の機能を整える働きを持つ精油が多いです。
カモミール・クラリーセージ・ジュニパー・スィートマージョラム・ゼラニウム・ネロリ・ブラックペッパー・メリッサ・ラベンダー・ローズマリー
ミドル~ベース - イランイラン・サイプレス・ジャスミンアブソリュート・ローズオットー・フランキンセンス
ベース 数時間後まで安定的に香りが持続し、保留剤としてブレンドに深みを与えます。
心を静めてくれる香りです。
サンダルウッド・パチュリ・ベンゾイン・ミルラ

ブレンドの例

「トップ」「ミドル」「ベース」の順に、ベルガモット1滴、ゼラニウム1滴、サンダルウッド1滴を加え、香りを嗅いでみて、足りないと感じた精油があれば1滴たし、香りを試します。トップノートを多めにするとまとまりやすいです。
滴数は合計滴数以内におさめて下さいね。

*

参考までにですが、ブレンドファクターでブレンドの比率をきめる方法もあります。
ブレンドファクターというのは、毒性や刺激、感作、香りの強さなどを考慮してロバートティスランドが考えたもので、数種類の精油を、どのような比率でブレンドするといいかという目安を数値であらわしたものです。
香りが強く、刺激も強い精油はブレンドファクターが小さく、香りが弱く主張しないものはブレンドファクターが大きい数値になっています。

精油名 BF 精油名 BF 精油名 BF 精油名 BF
イランイラン オレンジ・スィート カモミール クラリセージ
グレープフルーツ サイプレス サンダルウッド ジャスミン
ジュニパー スィート・マージョラム ゼラニウム ティーツリー
ネロリ フランキンセンス ペパーミント ベルガモット 10
メリッサ ユーカリ ラベンダー レモン
レモングラス ローズ・オットー ローズマリー

ちょっと計算がめんどうなのですが…。
例えば1%濃度のトリートメントオイルを50cc作るとして、ジュニパー、ラベンダー、サイプレス(1滴=0.05ccとしてかんがえます。) を使うとします。


ジュニパー、ラベンダー、サイプレスは何滴ずつになるかというと…

ブレンドの滴数の出し方

50ccで1%の場合、精油の量は 50×1/100÷0.05=10滴 ぜんぶで10滴いります。
ジュニパー=4、ラベンダー=7、サイプレス=5ですので 10/(4+7+5)=10/16=0.625

それぞれの精油の割合は
ジュニパー; 0.625×4=2.5    2滴
ラベンダー; 0.625×7=4.375  4滴
サイプレス; 0.625×5=3、125  3滴

少数点以下は、まず切り捨てします。合計して足りない滴数分は、滴数の少ない精油に1滴ずつプラスします。合計9滴で、1滴足りないので、滴数の少ないジュニパーに1滴足します。よって、ジュニパー3滴、ラベンダー4滴、サイプレス3滴となります。

ちゃんと計算すると大変なので、ブレンドファクターが1の数値の精油(エッセンシャルオイル)は香りが強いので、少なめの滴数にするといった感じで参考にしたらよいのではないかと思います。


アロマテラピー香りのある生活のトップページにもどる

このページの先頭へ