ホホバオイルなどの軽いキャリアオイル

精油(エッセンシャルオイル)はそのまま肌につけることはできず、お肌につけたり、トリートメント(マッサージ)に使うにはキャリアオイルが必要になります。

精油(エッセンシャルオイル)をキャリアオイルで希釈(薄めて)して使います。ここではたくさんあるキャリアオイルの中から比較的軽いキャリアオイルの紹介です。

キャリアオイル


軽いオイル(すべりがよいのでそのまま単独で使えます)
オイルの名前 特徴
スィートアーモンドオイル
<バラ科>
スィートアーモンドの種子から採れる淡い黄色のオイルで、使いやすくなじみがよいので、アロマテラピーで最もよく使われているオイルです。
初めての人におすすめです。
においはほとんどなく、ビタミン類やタンパク質を豊富に含みます。
肌に広がりやすいのですべての肌質に合いますが、特に、乾燥肌や敏感肌、老化肌に向いています。
アプリコットカーネルオイル
<バラ科>
アプリコット(あんず)の種の核から採れるオイルで、アーモンドオイルと成分的に似ています。
ビタミン、ミネラル、オレイン酸を多く含み、においもほとんどありません。

さらっとした感じのオイルで、肌への浸透性もよいので、フェイシャルマッサージに適しています。乾燥肌や老化肌や敏感肌に向いています。
ホホバオイル
<ツゲ科>
砂漠に生えるツゲ科の植物ホホバの種子から採れる、植物性の液体ワックス(ろう)です。
人の皮脂の脂肪酸と似ているので浸透性もよく、のびがよいので、スウィートアーモンドオイルと並んでよく使われています。
品質が安定していて、酸化しにくく長期保存ができます。低温で固まりますが、ぬるま湯で温めると元に戻ります。
すべての肌質に合いますが、乾燥肌、油脂肌の両方に向いています。ヘアケアでもよく利用されます。
グレープシードオイル
<ブドウ科>
ぶどうの種子から採れるオイルで、無色透明(未精製のものは薄緑色)でにおいもありません。リノール酸やオレイン酸、ビタミンEを豊富に含んでいます。

また、さらっとしていて、伸びがよいため、ボディーマッサージなどにもよく使われます。
すべての肌質に合いますが、かゆみを押さえる働きがあり、肌への刺激やアレルギーが少ないので、敏感肌や脂性肌にとくに向いています。
オリーブオイル
<モクセイ科>
オリーブの果実から採れるオイルで淡黄色です。
オレイン酸とビタミンEを多く含みます。肌への浸透性がよく、すべての肌質に合いますが、保湿効果が高いので特に乾燥肌に向いています。

かゆみを鎮め、炎症を抑える働きがあり、妊娠線の予防にいいとされています。
マカデミアナッツオイル
<ヤマモガシ科>
マカデミアナッツの果実から採れるオイルで、淡黄色でわずかにナッツのにおいがあります。
オレイン酸や、人の皮脂にとても近い、パリミトレイン酸を多く含むオイルです。パルミトレイン酸は加齢とともに失われていくので老化肌や乾燥肌に向いています。

重厚なオイルですが、肌への浸透性もよく、のびがよいためボディトリートメントにも適しています。ややべとつき感があるのでほかのキャリアオイルに10~20%ほどの割合でまぜて使用するとよいでしょう。
比較的酸化しにくいので長期保存ができます。

テラピーに使うキャリアオイルの種類・特徴

アロマテラピーに使うキャリアオイルの種類・特徴のトップページにもどる
アロマテラピー香りのある生活のトップページにもどる

このページの先頭へ