希釈濃度:マッサージ(トリートメント)法

希釈濃度について精油を使ったトリートメントは、血行をよくし、筋肉の緊張をほぐしてリラックスさせるマッサージの効果に、 精油の有効成分が直接皮膚から吸収され、鼻からも香りがとり入れられ相乗効果が得られます。そして親しい人にしたり、してあげた場合、さらに心と体のふれあいを通して癒されます。

希釈について

トリートメントに使うエッセンシャルオイルは肌に直接つけることはできないので、 植物油(キャリアオイル)で希釈(薄めて)して使います。希釈濃度は、1%を基本にします。

キャリアオイルもいろいろ種類があります。それぞれ特徴がありますので、自分に合うものを使ってくださいね。

キャリアオイルの特徴はキャリアオイルのプロフィールへどうぞ。

エッセンシャルオイルをキャリアオイルで薄めたものを、トリートメントオイルと呼びます。トリートメントオイルを作るときに注意することはエッセンシャルオイルの希釈濃度です。


希釈濃度について

精油をキャリアオイル(植物油)で希釈するときの濃度は、1%を基本にします。
顔などの敏感な部分や、初めてトリートメントをするときや肌がデリケートな方は、さらに低い濃度から使用することをおすすめします。

濃度が1%といってもあまりピンとこないのですが、多くの精油の容器は普通1滴づつたらすことができ、1滴が0,05mlになります。

計算の仕方は下記に書いてありますが、精油1滴に対してキャリアオイル5mlが希釈濃度1%になります。

例えば20mlのキャリアオイルに対して、どのくらいの精油が必要になるのでしょう。
1%の濃度のトリートメントオイルをつくるためには、20ml×0.01=0.2mlの精油になります。
0.2mlの精油が何滴に相当するかというと、精油1滴の量はおよそ0.05mlですので、0.2ml÷0.05ml=4滴となります。

希釈濃度 キャリアオイルと精油の割合

キャリアオイル(植物油)の量  10ml  20ml  30ml  50ml 
0.5%(濃度) 1滴  2滴 3滴 5滴
1.0%(濃度) 2滴  4滴 6滴 10滴


アロマテラピーの使い方、楽しみ方

アロマテラピーの使い方、楽しみ方のトップページにもどる
アロマテラピー香りのある生活のトップページにもどる

このページの先頭へ