全身浴法:アロマバス(沐浴法)

手浴アロマバス(林浴法)とは、浴槽に精油をまぜて入浴することです。
キャリアオイル(植物油)や天然塩で精油を溶かして浴槽に入れます。

アロマバス(林浴法)について

お風呂に入ると、肌が柔らかくなって芳香の成分が皮膚から吸収されやすくなります。
そして湯気とともに香りは、鼻からも吸収されます。
よい香りに包まれた、リラックスできるバスタイムを過ごすことができます。浴室は密閉された空間なので、香りの成分が逃げにくいです。

また、全身浴だけではなく、簡単にできる部分浴も活用するといいですね。
ここではアロマバスの全身浴法について説明します。


全身浴法

全身浴法は、浴槽に湯をはり、5滴以下の精油を落とし、よくかき混ぜてから入浴します。
リラックスしたい時は、 ぬるめのお湯に15分~20分ぐらい長めにつかるとよいでしょう。

逆に元気を出したいとき、リフレッシュしたい時は、 少し熱めのお湯にサッと入るとよいでしょう。
精油だけを入れてもよいのですが、精油は水に溶けにくいので、キャリアオイル(植物油)や天然塩で希釈したほうがよいでしょう。

また、グレープフルーツやレモンなどの柑橘系やフェンネル、バジルなどのスパイス系の精油(エッセンシャルオイル)は、皮膚に刺激を感じることがあるので、希釈したほうがよいです。


バスオイルの作り方 <基本のレシピ>>

バスオイルの作り方です。
ガラスの器やボールなど(プラスチック類は容器に香りがつきやすいです。)に10ml のキャリアオイル(植物油)に精油1~5滴をいれ、よくかき混ぜてます。
お風呂のお湯の中に入れてよくかき混ぜて入浴します。

※キャリアオイルはベースオイルとも呼ばれているもので、精油を希釈するための植物性のオイルのことです。

精油は水には溶けにくいのですが、キャリアオイルにはよく溶けるのです。
植物性オイルにはスイートアーモンド油、オリーブ油、ホホバ油などいろいろあります。


バスソルトの作り方<基本のレシピ>>

バスソルトの作り方です。
天然塩大さじ1杯に精油1~5滴をいれよく混ぜます。お風呂のお湯の中に入れて、よくかき混ぜて入浴します。
塩を使ったアロマバスは血行をよくし、発汗を促してくれます。


アロマテラピーの使い方、楽しみ方

アロマテラピーの使い方、楽しみ方のトップページにもどる
アロマテラピー香りのある生活のトップページにもどる

このページの先頭へ