吸入法(蒸気吸入法)

手浴吸入法は、かぜやのどの痛みなど呼吸器系の不調を緩和するのに有効です。

吸入法について

吸入法は、精油をハンカチやティッシュなどに1~2滴落とし、 鼻の近くにもっていき、香りの成分を積極的に吸い込む方法です。

また、蒸気吸入法という方法もあります。
洗面器などに熱めのお湯をはり、そこへ3滴以下の精油(エッセンシャルオイル)を落とし、その蒸気に顔をあてて吸入します。

蒸気吸入のときは目を閉じておきます。
洗面器を使う場合は、湯気が逃げないようにバスタオルなどを頭にかぶります。
湯気が立たなくなったら精油ではなく、お湯を足してください。

蒸気吸入法はやや刺激が強いので、せきが出る時やぜんそくの方や敏感肌の方は避けてください。


アロマテラピーの使い方、楽しみ方

アロマテラピーの使い方、楽しみ方のトップページにもどる
アロマテラピー香りのある生活のトップページにもどる

このページの先頭へ