カモミール・ジャーマン 精油(エッセンシャルオイル)

カモミール・ジャーマン おすすめの精油♪
GRIA(ガイア)通販 生活の木(Herbal Life)通販
GAIA(ガイア)はプロバンスの伝統、270年の歴史があります。
酸化防止のためにボトル内に窒素ガスを充填しているので、キャップを開けない限り長期間の保存が可能になっています。
生活の木(Herbal Life)は四半世紀の歳月をかけてハーブを日本に紹介し、用途開発をしながらハーブのある生活を創造してきました。
日本ではおなじみですね。

上はGAIA (ガイア)オーガニック カモミール・ジャーマン 精油 3mlです。

上はHerbal Life(生活の木) カモマイル・ジャーマン 精油 3mlです。

カモミール・ジャーマン (German Chamomile)のプロフィール<
アロマのカモミール 項目 特徴
学名 Matricaria chamomilla
おもな成分 セスキテルペン炭化水素類のカマズレン
オキサイド類:ビサボロールオキサイドA、ビサボロールオキサイドBなど
科名、抽出部位、方法 キク科  花  水蒸気蒸留法
ノート ミドルノート(ゆっくりと立ち上がる香り)
心に対する働き 鎮静作用があるので、不安、緊張、怒りなどをやわらげ、心を穏やかにします。 眠れないときも安らかな眠りへ導きます。
体に対する働き ストレスによる神経の緊張が原因となって起こる肩こりや腰痛や、胃炎、消化不良、便秘などの 症状をやわらげます。。
女性の生殖機能のバランスを調整する働きがあり、月経不順や月経痛や月経前症候群など女性特有の さまざまな症状に役立ちます。
肌に対する働き 抗炎症作用があるので皮膚の炎症、やけど、湿疹、ニキビ、敏感肌、アトピーなどの肌の トラブル全般に役立ちます。
精油の使い方の例

不安や緊張や恐怖の感情をやわらげ、心を落ち着かせたい時に、 ぬるめのアロマバスや芳香浴がよいでしょう。

ラベンダーやネロリ、ゼラニウムとブレンドしてもよいでしょう。
胃炎や消化不良、月経痛、月経前症候群におなか、腰のトリートメントを。

トリートメントはアロマテラピーの楽しみ方、利用法を参考にしてください。

カモミールという名前は「地面のリンゴ」という意味のギリシャ語からきています。
これはカモミールの甘い香りが、熟れて落ちたリンゴににているからだそうです。

特に地中海地方で2000年以上もの間、民間療法に使われてきました。
カモミールにはカモミール・ジャーマンとカモミール・ローマンがあり、ともにキク科のハーブで、 共通する部分も多くありますが、香りはカモミール・ジャーマンのほうがやや強い香りです。

ハーブティーとしてはカモミール・ジャーマンのほうがよく知られています。 カモミールには、アズレン(カマズレン)という抗炎症作用を持つ物質が含まれているので、 あらゆる痛みや炎症に効果があり、化粧品にも使われています。

蒸留するとカモミール・ローマンは薄い黄色い精油となり、カモミール・ジャーマンは濃い青色の精油になります。
抗炎症作用とは痛みや炎症を抑える作用のことです。

カモミール・ジャーマンはアロマテラピー検定1級対象精油です。
☆アロマテラピー検定からみた「カモミール・ジャーマン」の精油のポイント


・科名 キク科 ・抽出部位 花
・1年草(カモミール・ローマンンは多年草)
・りんごを思わせるような香り
・オイルの色は濃い青色 (カモミール・ジャーマンは薄い黄色)

※カモミール・ジローマンと比較して覚えておくとよいと思います。

【アロマテラピー検定1級、2級の精油のプロフィール一覧】
イランイランオレンジ・スイート:カモミール・ローマン:カモミール・ジャーマンクラリセージグレープフルーツサイプレスサンダルウッド(白檀)ジャスミンジュニパーべリースィートマージョラム :ゼラニウムティートリー(ティーツリー)ネロリパチュリブラックペッパー:フランキンセンス( オリバナム/乳香 )べチバーペパーミントベルガモットベンゾイン(安息香)ミルラ(マー/没薬)メリッサ(カモミール・ジャーマンバーム)ユーカリ(ユーカリタプス)ラベンダーカモミール・ジャーマンカモミール・ジャーマングラスローズアブソリュートローズオットーローズマリー

アロマテラピー検定1級、2級の以外の精油も載せています。

精油(エッセンシャルオイル)の一覧のトップページにもどる
アロマテラピー香りのある生活のトップページにもどる

このページの先頭へ