ラベンダー 精油(エッセンシャルオイル)

ラベンダー 特におすすめの精油♪
タスマニアンラベンダーオイル

ティーツリーファームズはオーストラリアにある会社です。直販なので、高品質な精油をお値打ち価格でで手に入れることが出来ます。
こだわって作っているので種類は少ないですが、ラベンダーはあります。 しかも日本ではとても高価で入手困難といわれている「幻のオイル」といわれているタスマニアンラベンダーを取り扱っています。

*ティーツリーファームズの商品一覧はこちら♪⇒商品の紹介
*タスマニアンラベンダーの特徴、詳細⇒タスマニアンラベンダーオイル

おすすめの精油 
GRIA(ガイア)通販 生活の木(Herbal Life)通販
GAIA(ガイア)はプロバンスの伝統、270年の歴史があります。
酸化防止のためにボトル内に窒素ガスを充填しているので、キャップを開けない限り長期間の保存が可能になっています。
生活の木(Herbal Life)は四半世紀の歳月をかけてハーブを日本に紹介し、用途開発をしながらハーブのある生活を創造してきました。
日本ではおなじみですね。

上はGAIA (ガイアラベンダー・トゥルー 5ml精油です。

上はHerbal Life(生活の木) ラベンダー 精油 10mlです。

ラベンダー( Lavender)のプロフィール
ラベンダー 項目 特徴
学名 Lavandula angustifolia
おもな成分 モノテルペンアルコール類のリナロール
エステル類の酢酸リナリル、酢酸ラバンジュロール
科名、抽出部位、方法 シソ科     花と葉    水蒸気蒸留法
ノート ミドルノート (ゆっくりと立ち上がる香り)
心に対する働き ストレスによる緊張や不安をやわらげ、リラックスさせ、自律神経のバランスをとります。
眠れないときなどに役立ちます。
体に対する働き

鎮静作用があるので、皮膚の炎症やかゆみをやわらげます。
またやけどなどの痛みを軽くし、皮膚の修復を助ける働きもあります。

消毒、殺菌、抗ウイルス作用、筋肉痛、さまざまな感染症にも役立ちます。
血圧を下げ、呼吸を整えます。
呼吸器系に働きかけ、ぜんそくや風邪などの症状をやわらげます。

肌に対する働き 細胞の成長を促進させ、皮脂の分泌を調整します。
髪の手入れ(ふけや抜け毛)にも効果があるといわれています。
精油の使い方の例

疲れているとき、リラックスしたいとき、眠れないときに、ぬるめのアロマバスや芳香浴を。
イランイランやスイートマージョラム、カモマイル、サンダルウッドとのブレンドもおすすめです。

> 日焼けにはぬるめのアロマバスに。また、やけどした場合と同じように冷湿布で幹部を冷やしても よいでしょう。

やけどや水虫、にきび、口内炎などには例外的な使用法ですが、綿棒に1滴たらし、幹部に直接ぬります。(原液を使えるのは、ラベンダーとティーツリーだけです。でも、個人差があるので念のためパッチテストをしてからにしてくださいね。)

頭痛、肩こり、筋肉痛には温湿布を、トリートメントもいいですね。
また、虫よけにも使えます。(例 無水エタノール5mlに5滴ほどたらし、よくまぜたあとに、精製水、“なければ水でもO.K”を45ml加える)

温湿布、冷湿布、トリートメントはアロマテラピーの楽しみ方、利用法を参考にしてください。

ラベンダーはアロマテラピーでもっとも人気のあるオイルで、 もっとも幅広く使われています。

安全性が高く、子どもから大人まで安心して使うことができ、アロマテラピーの万能薬ともいえます。

原産はヨーロッパのアルプス地方にある高原地帯です。
ラベンダーという名前は、ラテン語で「洗う」という意味のlavare(ラワーレ)から由来していて、 ローマ時代に入浴用に使われていたところからきているようです。

ラベンダーはアロマテラピー検定1級対象精油です。
☆アロマテラピー検定からみた「ラベンダー」の精油のポイント


・科名 シソ科
・抽出部位 葉と花
・学名は「洗う」「青みがかった」などの意味がある。
・原産はヨーロッパのアルプス地方にある高原地帯である。
・鎮静作用に優れていて、心に対してはリラックス作用があり、身体には皮膚の炎症などに用いられる。
・非常に多くの作用を持ち、もっとも幅広く使われている精油である。

※抗ウイルス作用;ウイルスの増殖を抑える作用のことです。

※感染症とは
目には見えないのですが、環境の中にはさまざまな微生物がすんでいます。
そして、子孫を残そうとしているために増殖しようとしています。
これが食べ物の中で行われると、食中毒や腐敗の原因になりますが、人や動物のなかで増殖した場合、それらに病気を引き起こすことがあります。
これが感染症です。

例えば、肝炎、インフルエンザ、結核、レジオネラ、カンジタ症、水虫など まだまだたくさんあります。


【アロマテラピー検定1級、2級の精油一覧】
イランイランオレンジ・スイート:カモミール・ローマン:カモミール・ジャーマンクラリセージグレープフルーツサイプレスサンダルウッド(白檀)ジャスミンジュニパーべリースィートマージョラム :ゼラニウムティートリー(ティーツリー)ネロリパチュリブラックペッパー:フランキンセンス( オリバナム/乳香 )べチバーペパーミントベルガモットベンゾイン(安息香)ミルラ(マー/没薬)メリッサ(レモンバーム)ユーカリ(ユーカリタプス)ラベンダーレモンレモングラスローズアブソリュートローズオットーローズマリー

アロマテラピー検定1級、2級の以外の精油も載せています。

精油(エッセンシャルオイル)の一覧のトップページにもどる
アロマテラピー香りのある生活のトップページにもどる

このページの先頭へ