ティーツリー(ティートリー) 精油(エッセンシャルオイル)

ティーツリー(ティートリー) 特におすすめの精油♪

teatreefarmsティーツリーオイルティーツリーファームズはオーストラリアにある会社です。直販なので、高品質な精油をお値打ち価格で手に入れることが出来ます。
こだわって作っているので種類は少ないですが、ティーツリーはあります。

*ティーツリーファームズの商品一覧はこちら♪⇒ 商品の紹介
*ティーツリーオイルの特徴、詳細⇒ティーツリーオイル

ティーツリーファームズでは、日本ではあまり知られていないティーツリー(ティートリー)セントティートリーオイルを取り扱っています。
香りはティーツリー(ティートリー)を思わせるような爽やかな香りで、ティーツリーの香りとは違う香りです。
リラックス効果があり、集中力を高める効果があるとされています。
ティーツリーと同じく、強い殺菌力があるほか、虫刺されや虫除けなどにも効果があります。

*ティーツリー(ティートリー)セントティーツリーオイルの特徴、詳細⇒ ティーツリー(ティートリー)セントティーツリーオイル

ティーツリー(ティートリー) おすすめの精油 
GRIA(ガイア)通販 生活の木(Herbal Life)通販
GAIA(ガイア)はプロバンスの伝統、270年の歴史があります。
酸化防止のためにボトル内に窒素ガスを充填しているので、キャップを開けない限り長期間の保存が可能になっています。
値段は他に比べて少しお値打ちになっているようです
生活の木(Herbal Life)は四半世紀の歳月をかけてハーブを日本に紹介し、用途開発をしながらハーブのある生活を創造してきました。
ロットごとの分析表が添付されているので、安心して使えます。
日本ではおなじみですね。

上の写真は【GAIA NP(ガイア・エヌピー)】ティートゥリー精油 5mlです。

上の写真はHerbal Life(生活の木)ティートリー 精油10mです。

ティーツリー(Tea tree)のプロフィール
アロマのティーツリー 項目 特徴
学名 Melelecuca alternidolia
おもな成分 モノテルペンアルコール類のテルピネン-4-オール モノテルペン炭化水素類:γ-テルピネン、サビネンなど
科名、抽出部位、方法 フトモモ科 葉 水蒸気蒸留法
ノート トップノート (立ち上がりの早い香り)
心に対する働き リフレッシュ効果や、精神的な落ち込みから立ち直らせる助けをしてくれます。
体に対する働き 免疫力を高め、殺菌や抗菌作用によりさまざまな感染症の予防や、その症状をやわらげる働きがあります。

筋肉痛や打撲の炎症や痛みを鎮めてくれます。
やけどやすり傷、おでき、水虫、ただれ、カンジタ、口内炎などにも効果があります。

風邪の季節に大変役立ちます。抗真菌作用もあるので水虫などにも有用です。
肌に対する働き 非常に強い殺菌力があるので、皮膚の消毒や化膿止めとしても用いられています。 にきびや吹き出物などによいです。
注意事項 ※敏感な肌に対しては刺激になる場合があるので、1%より低い濃度からはじめてください。
精油の使い方の例

リフレッシュしたいときや落ち込んでいるときには芳香浴やアロマバスがよいでしょう。
風邪のひきはじめにはアロマバスや足浴をしたり、トリートメントを胸や背中にするとよいです。

花粉の症状をやわらげたいときには蒸気吸入法がよいです。
のどの痛みにはコップ一杯の水に1滴たらしてうがいをします。

にきびや口内炎、いぼに例外的な使用法ですが、綿棒に1滴たらして幹部に直接、ぬります。 (原液で使えるのは、ティーツリーとラベンダーだけです。でも、個人差があるので念のため パッチテストをしてからにしてくださいね。)

殺菌、消毒作用があるので,掃除のとき、バケツにオイルを2~3滴落として水ぶきすると、 清潔になりさわやかな香りも楽しめます。
消臭効果にも優れているので、お部屋の匂い消しなどにもよいです。(タバコやペットなど)
加湿器に1~2滴いれると空気の浄化や風邪の予防になります。

トリートメントはアロマテラピーの楽しみ方、利用法を参考にしてください。

ティーツリーはオーストラリアに自生する常緑の高木で、湖沼の岸など多く見られる 樹木です。
とても強い香りを持ち、非常に生命力の強い植物です。

優れた殺菌、消毒作用を持つので、オーストラリアの原住民は、古くからこの植物の葉を、 感染症やすり傷など様々な治療に利用してきました。

殺菌作用;バクテリアなどの菌を殺す作用のことです。
抗菌作用;細菌の増殖を抑える作用のことです。
抗真菌作用;真菌(カビ)の増殖を抑える作用のことです。
免疫力とは:病気に対する抵抗力のことです。

ティートリー(ティーツリー)はアロマテラピー検定1級、2級対象精油です。
☆アロマテラピー検定からみた「ティートリー(ティーツリー)」の精油のポイント


・科名:フトモモ科
・抽出部位:葉
・強い殺菌力をもち、オーストラリア先住民族が古くから傷薬として利用していた。
・ユーカリと共通点が多い。


【アロマテラピー検定1級、2級の精油一覧】
イランイランオレンジ・スイート:カモミール・ローマン:カモミール・ジャーマンクラリセージグレープフルーツサイプレスサンダルウッド(白檀)ジャスミンジュニパーべリースィートマージョラム :ゼラニウムティートリー(ティーツリー)ネロリパチュリブラックペッパー:フランキンセンス( オリバナム/乳香 )べチバーペパーミントベルガモットベンゾイン(安息香)ミルラ(マー/没薬)メリッサ(レモンバーム)ユーカリ(ユーカリタプス)ラベンダーレモンレモングラスローズアブソリュートローズオットーローズマリー

アロマテラピー検定1級、2級の以外の精油も載せています。

精油(エッセンシャルオイル)の一覧のトップページにもどる
アロマテラピー香りのある生活のトップページにもどる

このページの先頭へ