カンジタ症

頭が痛いとき下記を参考にして、好きな香りで好きな方法で試してみてくださいね。
体質に合わない場合、思わぬ副作用が出る場合もあります。ご利用にあたってはご注意いただき、自己責任でご利用ください。<
/p>

カンジタ症におすすめ方法♪
洗浄 座浴 など
(芳香浴、アロマバス、半身浴、手浴、足浴、座浴、湿布、トリートメント(マッサージ)、吸入法などの方法は アロマテラピーの使い方、楽しみ方をご覧ください。)

カンジタ性膣炎は、ヨーグルト状の白いおりものが特徴で、強いかゆみや膣や外陰部に腫れや赤みなどがでます。カンジタアルビカンスという真菌(カビの1種)が原因で起こります。

患部を殺菌し、かゆみを鎮めるにはティーツリー精油(エッセンシャルオイル)で座浴をしましょう。

たらいなどにお湯を張り、3滴以下のティーツリーを落とし、よくかき混ぜた後におしりを10分ほど浸します。
※精油(エッセンシャルオイル)も少ない滴数から様子を見ながら行ってください。
デリーケートな部分なので、お湯の温度をすこしぬるめにしたほうがよいです。

ラベンダーも抗菌や抗炎症作用がありますので、ラベンダーとブレンドしてもいいですよ。
もちろん、座浴だけでなく全身浴でも使ってみてくださいね。

また、患部を洗浄する方法もあります。
精製水50mlにティートリー(またはラベンダー)を20滴を加えてよく振り、洗浄液をつくります。
これを使って1日2回ぐらい(朝、夕)患部を洗浄するとよいでしょう。(あまり何度も洗浄すると有用な菌まで殺菌してしまいます)

カンジタ症におすすめ精油♪
⇒ティーツリー、ラベンダー など

※アロマテラピーの事典(林真一郎)より引用させていただきました。

おすすめティーツリーオイル↓↓
ティーツリーファームズのティーツリーオイル

おすすめラベンダーーオイル↓↓
ティーツリーファームズのラベンダーーオイル

アロマテラピーこんな不快な症状のときにのトップページにもどる
アロマテラピー香りのある生活のトップページにもどる

このページの先頭へ